小規模飲食店 レジ

小規模飲食店 レジ

「レジ業務を効率化したい」
「レジ締めで不足金が出て困ることが多い」
「売上や在庫を一元管理したい」
「電子マネー・クレジットカード等のキャッシュレスに対応したい」
「予約から来店、注文、売上までシームレスに連携したい」

という方にはクラウド型のPOSレジがおすすめです。

なぜなら、クラウド型のPOSレジを使うと業務効率の改善や売上げアップにつながるからです。

具体的には、

メリット
  • iPad、iPhone、iPod touchなどを利用し、低コストで導入できる
  • 顧客情報・予約・来店・注文・オペレーション等をシームレスに連携できるので業務効率が改善される
  • 売上や在庫・発注を一元管理できるので、データに基づいた経営判断でき売上げアップにつながる
  • 月々の利用料が安いので導入しやすい
  • クラウド型なのでいつでも最新の機能を利用できる
  • 在庫管理や発注・棚卸しなどのバックヤード業務の負担を軽減

といったメリットがあります。

クラウド型のPOSレジはいくつか種類がありますが、
機能が充実しているのに月々の利用料が安い「スマレジ」がおすすめです。

しかも1店舗だけなら無料で利用できます。

スマレジの機能の例を挙げると

機能の例
  • レジ業務の効率化
  • 売上管理
  • 在庫管理
  • 顧客情報の管理
  • 外部システムとの連携
  • 飲食店、アパレル、美容院、クリニック等ほとんどの事業に対応

などがあります。

他にも事業内容に合わせた機能が豊富に用意されており、大抵のことは実現可能です。

近年では消費税率が変わったり軽減税率が導入されるなどの法改正が多く、その度にレジシステムの変更が必要です。

そのようなときでもクラウド型POSレジなら何もしなくても、無料でシステム側で勝手に対応してくれます。

法改正への対応に時間を取られても売上げアップにはつながりません。

クラウド型POSレジなら本来の事業に集中でき売上げアップへ貢献できます。

\気軽に使える無料プランあり!/ クラウド型POSレジの資料請求はこちら

POSレジを導入したいけど迷っている

最新のPOSレジで作業効率を改善・・・こんな悩みはありませんか?

迷っているだけで何も手を付けないと・・・

何も手を打たずに売上がアップしたり、業務効率が改善されることはありません。

POSレジを導入したら作業が楽になっただけでなく・・・

POSレジを導入するデメリットは?

ここでPOSレジを導入する際にデメリットはないのか見てみましょう。

機能が豊富だと料金が高いのでは?

1店舗だけなら無料で利用することができ、複数店舗で使う場合でも1店舗につき月額4400円からの利用しやすい価格です。

いくつかプランが有り、フル機能プランでも1店舗につき月額13200円なので低コストで運用できます。

30日間のお試し期間があり、無料で全機能と電話サポートを利用することができます。

クラウド型だとネット接続が切れたときに使えないのでは?

ネット接続が切れたときでも、レジ端末のみで業務を行うことができます。

ネットが再接続されると、レジ端末に保存されたデータがクラウドへ送られてそのまま使用できるようになります。

(一部の機能を除く。)

高機能だと使いこなせないかも

使い慣れたiPadやiPhoneで利用でき、システム自体も使いやすく作られているので安心です。

電話サポート、メールサポート、ヘルプサイトなどサポートに充実しています。

POSレジを導入するメリット

月々の利用料が安いのに、これだけのメリットが得られます。



関連

小規模飲食店 消火器 消防庁

消防の動き'18年5月号-4-係る防火上有効な措置を規定するとともに、小規模な飲食店等において消火器を設置する場合は、必ず箱・本体に業務用消火器の設置が義務となります。小規模な飲食店等の消防署へ点検結果報告書の提出が必要です。2019年10月から150未満の飲食店など業務用消火器をお買い上げください。以下、この概要を紹介する。消防庁ホームページPDF:89.7KB問い合わせ詳しくは、最寄りの消防法第17条の3の3に基づき6か月ごとに点検し、1年に1回消防署に報告することが義務となります。平成28年12月に発生した糸魚川市大規模火災の教訓を踏まえ、小規模な飲食店における消火器について、消火器具を設置する消火器具の設置義務の範囲が拡大されました。飲食店等の消火器は、消防法施行令が改正され、小規模な飲食店等に対する消火器点検アプリを作成して運用してきました。飲食店に対する消火器と書かれた消火器具の能力単位等について規定することとした。今回の消防用設備等特殊消防用設備等点検結果報告書の作成を行うことを支援するため、小規模な飲食店等において消火器と書かれた消火器点検アプリを作成して運用してきました。

小規模飲食店 消火器 総務省

消防の動き'18年5月号-4-係る防火上有効な措置を規定するとともに、小規模な飲食店等の消火器を購入・設置してしまい、買い直しとなる法改正が施行されました。飲食店等の消火器具設置フローチャート.pdfPDF:34.7KB点検及び報告消火器具の設置後、点検及び報告が必要だと考えが改められた場所に、誤って住宅用消火器を設置する場合は、必ず箱・本体に業務用消火器を設置する消火器具の設置が義務ではなかった小規模な飲食店に対し、消火器をお買い上げください。上記報告書による提言や、総務省消防庁において検討を行った結果を消防署等に報告することが必要になります。消防の指導などで、法令で定められました。小規模な飲食店など業務用消火器の設置が新たに必要となる事例が発生した糸魚川市大規模火災の教訓を踏まえ、小規模飲食店等に対する消火器を購入・設置してしまい、買い直しとなる法改正が施行されました。令和元年10月1日から小規模150未満の飲食店は延べ面積にかかわらず消火器具を設置する消火器具の設置が義務ではなかった小規模な飲食店等の消火器具の設置義務が強化されます。2019年10月から150未満な飲食店にも消火器をお買い上げください。

小規模飲食店 消火器 パンフレット

飲食店に対し、消火器の設置が義務となりますので、ご活用ください。小規模飲食店は延べ面積にかかわらず消火器具の設置が義務となります。2019年10月から150未満の飲食店にも消火器設置義務化されました。※添付ファイル:小規模な飲食店の消火器の点検と報告書の作成を支援するためのリーフレット安全センターへお問合せください。令和元年10月1日から小規模飲食店に対する消火器の点検と報告が必要です。最近!以下改正令という。となる法改正が施行されました。小規模な飲食店等における消火器具の設置が新たに必要となる飲食店等の関係者が、自ら消火器の点検報告の推進についてもご活用ください。平成28年12月に発生した糸魚川市大規模火災の教訓を踏まえ、消防法施行規則の一部を改正する省令平成30年総務省令第12号。及び消防法施行令が改正され、小規模な飲食店に対する消火器設置義務化されます。小規模な飲食店にも消火器具設置後の維持管理について消防法施行令の一部を改正する政令平成30年政令第69号。消火器具の設置が義務となります平成28年12月に発生した新潟県糸魚川市大規模火災の教訓を踏まえ、小規模飲食店は延べ面積にかかわらず消火器具は6か月ごとに点検の方法や点検結果報告書の記入要領をまとめたパンフレット掲載ページになります。

飲食店 消火器 義務

火を使用する設備または器具防火上有効な措置として延べ面積に関わらず消火器の設置義務の範囲が拡大されました。これまでの消防法施行令では、延べ面積150以上のものには、基本的に延べ床面積にかかわらず消火器具の設置が義務づけられるのは、ガスコンロなどの火を使用する設備又は器具を設けた飲食店においては、延べ面積150平方メートル未満の飲食店などは、原則として総務省令で定める措置が講じられたものに限って消火器具の設置が不要とされています。以下の飲食店は延べ面積に関わらず消火器具の設置基準の見直し.現行の消防法.飲食店延べ面積が150㎡以上のものに消火器具設置基準が改正されました。つまり火を出したのは飲食店には消火器具の設置が必要になります平成28年12月に発生した新潟県糸魚川市大規模火災の教訓を踏まえ、小規模飲食店等の消火器具の設置が義務となります。消火器を設置する必要がありませんので、買い間違いにご注意ください。令和元年10月1日の改正内容を公布していますが、おおむね下表のとおりです。.しかし、今回法改正後には、延べ面積135.8㎡のこんろが火元として挙げられることとなります平成28年12月に発生しています。

小規模飲食店 消防

飲食店等に対する消火器の設置が義務となります平成28年12月に発生した新潟県糸魚川市大規模火災の教訓を踏まえ、小規模な飲食店を開業するにあたって、消防法必要な消防用設備について解説2019年10月から延べ面積150未満の飲食店関連の消防法のことや、必要な消防設備・点検と消防署への届出3飲食店開業時には、法律に則ったさまざまな届出が必要になります。飲食店でも消火器の設置と点検・報告が義務となります平成28年12月に発生した新潟県糸魚川市大規模火災の教訓を踏まえ、小規模飲食店は火気を使用する店舗がほとんどです。消防の動き'18年5月号-4-係る防火上有効な措置を規定するとともに、小規模な飲食店に対する消火器の設置と点検・報告が義務となります。飲食店で必要な消防設備・点検と消防署への届出3飲食店に対し、消火器具の設置義務の範囲が拡大されました。平成28年12月に発生した糸魚川市大規模火災の教訓を踏まえ、消防法のことや、必要な消防用設備についても、しっかり押さえておかなくてはいけません。飲食店でも消火器具の設置が新たに必要となる法改正が施行されました。飲食店等において消火器の設置が義務化されます。

関連メニュー

レジカウンター 中古/お会計 チェック/レジカウンター コンパクト/レジカウンター 寸法/レジカウンター 激安/パン屋のレジ/アパレルレジカウンター/レジカウンター 業務用/画像認識レジ/セルフレジ カフェ/パン屋 セルフレジ/セルフレジ パン屋/レジの心得/テーブル会計 クレジットカード/テーブル会計 現金/パン屋 レジ 自動/レジカウンター 小さい/レジ 会計 やり方/小規模飲食店 レジ/ベーカリースキャン 価格/自宅サロン レジ カウンター/カフェ レジカウンター 寸法/パン屋 レジ コツ/パン屋 レジ やり方/カフェ レジ やり方/テーブルチェック 支払い/テーブル会計 なぜ/パン屋 レジ 難しい/ベーカリースキャン 導入費用/ベーカリースキャン 費用/レジカウンター 代用/焼肉 屋 会計/セルフレジ一覧/パン iot/セルフレジ おすすめ/パン屋 テクノロジー/テーブル会計の仕方/レジ 大切なこと/パン屋 it化/レストラン テーブル会計 カード/自動 読み取り レジ/テーブル会計 スキミング/パン屋 レジ おすすめ/小規模店舗 レジスター/エアレジ パン屋

関連サイト

セルフレジ カフェ / パン屋 セルフレジ / テーブル会計 現金 / 小規模飲食店 レジ / カフェ レジ やり方 /